利き手と逆の手 メリット

コラム

利き手 逆の手 メリット 効果

もやし
はいはい!(。・ω・)ノコンチャッス♪
もやしです!

今回はアプリの情報はお休みして、だれでも手軽に試せる【利き手と逆の手でゲームをすることによるメリット】を皆さんにお届けしたいと思います!

まぁ言ってしまえばゲームするときに限らず効果はあるんですけど、ゲーマーの皆さんならゲームをしているときが1番気軽に試せると思うのでぜひこれを読んで、今から実践してみてください。

ではさっそくいきましょうε”ε”ε”ε”(ノ´・д・)ノ

はじめに

人間の身体っていうのは左右均等が最も望ましい状態です。
ただ普通に生活していると多くの人が左右どちらかに比重をおいて生活してしまいます。

立っているときどちらかの足に重心をかけていませんか?
座っているとき肩が傾いていませんか?猫背になって前に重心をかけていませんか?

皆さんも思いあたる部分があると思います(´-ω-)ウム

今回はその中でも1番バランスが偏ると言われる「手」に焦点をあてていきたいと思います。
そしてそれはそのまま「脳」の話につながります。

手には「利き手」という言葉があるように大多数の人が「利き手」の方ばかりを使っています。

ちなみに日本人の約9割が右利き、約1割が左利きらしいです。
意外なことですが、1割が左利きという結果は世界的にみると割合としては多い方に入ります。
今回はそんな手を「利き手」と「逆の手」を使って生活したとき、どんな効果があるのか書いていきたいと思います!

スポンサーリンク

逆の手を使うメリット

頭がよくなる⁉

もやし
えー、そんなんで頭良くなるわけないじゃん(  ˙σω˙  )ホジホジ
と、思ってるそこのあなたヾ(。・∀・)o!!
これが本当なんですよね。

皆さん知っての通り右手を使うと「左脳」が発達して、左手を使うと「右脳」が発達します。
まずわかりやすい点として「逆の手」を使えば、
右利きの方は左手を使うことで右脳が発達し
左利きの方は右手を使うことで左脳が発達します

「右脳」「左脳」それぞれの役割をここでは説明しませんが、これだけでもまず確実に頭は良くなってますよね。

さらに逆の手を使うという普段より集中力を使う行為によって、脳の酸素消費量が増えます。
それによって脳が活性化し、記憶力や集中力の上昇効果があるといわれています。

そして最終的に左右両方の手をバランス良く使うということは、「左脳」「右脳」をバランス良く使うことにつながり、2つの脳を繋ぐ役割をしている「脳梁」という部分の発達という結果をもたらします。

「脳梁」は脳の中でも特に大事な部分であり、簡単にいうと「脳梁」の発達は(視覚からの)情報処理能力の向上につながるといわれています。
言ってしまえば頭の回転が早くなる感じですかね。

以上から逆の手を使うと頭が良くなるといわれています。

感情抑制効果

利き手と「逆の手」を使うとこで感情をコントロールする力がつくことも証明されています。

「逆の手」を使うことで、中枢神経を刺激して、自立神経のバランス整えられるので、自制心が鍛えられるようです。
特に怒りの感情のコントロールに効果があるようなので、最近些細なことに腹を立ててしまうと思う方は試してみるといいかもしれません。

ただ単純に便利

これは説明するまでもないことですが、今以上に「逆の手」が扱えるようになったら普通に便利ですよね笑
利き手がふさがっている状況で、「逆の手」がある程度使えたら、役立つという状況は結構あると思います。

そしてなにより「逆の手」が使えるってなんか格好いいですよね笑
「両利き」といえるところまでいったら、なんか一芸みたいで周りに自慢できちゃいます!

スポンサーリンク

まとめ

ちなみにこの記事を書いている私もやしは右利きですが、ゲーム(スマホ)は左手派です。
相当集中するときは両手でもって右手をメインで使いますが、普段意識していなければ左手でゲームしたり、文字を打ったりしているので左手派なんだと思います。

今回の記事は先日、私が遊び始めた【ドラガリアロスト】の設定で「右手で操作」「左手で操作」の項目があったことで、友達とそれについて話し、自分が珍しいタイプということに気付いたことで記事にしようと思いました。

調べてみて予想以上に良い効果がたくさんあったので、ぜひみなさんにもゲームをするとき試してもらいたいです!

では今回も最後まで読んでいただきありがとうございました!
お疲れ様です!

まだまだ面白い記事がたくさんあります!
HOMEに戻る!